スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
Devil never cry
2005-10-14 Fri 22:56
Steal a soul for a second chance
or you will never become a man.
I just told you all, makes me stronger
in a life that creeps no longer,
Fade away a quest for life.
Until the end, judge me nice.

Stepping forth, the cure for a soul's demise
Reap the tears of the victim's cries.
Yearning more to kill the suffer of a
brother demon that's supported under.
Kill before a time to kill them all.
Backstab the righteous mark.
Serving justice that dwells in me.
Nothing comes as far as the eye can see.
The eye can see.
The eye can see.
The eye can see.


We are falling
the night is calling
tears inside me
Coming down


Bless me, with the
leaf of a poetry
On it, I see
the freedom reign



Now is perfect to end the madness
upon a chain to end the sadness
don't be so blind for truth of needing
true father, god is bleeding

I just train for all to feel
within a sea cross a victory squeals
the cold people you used to satisfy
were slain to make them pacify


We are falling
the night is calling
These tears inside me
Coming down

Midnight coming
Here softly sobbing
Ground me without
your relief


What's intentional makes me stronger
If life craves the hunger
Fade away a quest for life
Then do it again, Judge me nice.

Watch footsteps that never follow
If you want to live tomorrow
Steal a soul for a second chance
or you will never become a man.



Bless me, with the
leaf of a poetry
On it, I see
the freedom reign

Raised through my father
Blessed by the water
That night, dark sky
the Devil's cry

今はその魂を潜め、再起の時を待て
真の男となるために
我が力を解き放て
もう怯える事など無い
人生の探求はかき消え
終焉の時まで、我を信じよ

力をたどり、滅びゆく魂を癒せ
犠牲者の嘆きの涙を拭い去れ
血を分けし悪魔の苦しみを終わらせる時に焦がれる
彼等を皆殺しにする前に
その殺害は正義の証
自身に潜む正義に仕えろ
全てはお前の目の前で始まる


我等は堕ちゆく
夜が呼び
内なる涙は
崩れ去る


詩の言の葉の
祝福を
その上に
自由の統治を見いだす



今こそ激怒をおさめ
悲しみを繋ぎ止めよ
目の前の真実から目を背けるな
真実の父、神は血を流す

ただ、感じるままに従うだけ
海を超える勝利の叫び
あなたが満足させていた心ない人々は
彼等自身の安息のために殺された
 

我等は堕ちゆく
夜が呼んでいる

これは私の内なる涙
崩れ去る

真夜中が訪れ
静かにむせび泣く
どうか躊躇わず
私を打ち砕いてくれ


何が私を強くしたのか
もし人生が、飢餓を望み
人生の探求は消え失せるなら
さあ、繰り返せ、我を信じろ
 
たどる事のできない足跡を見つめ
明日を生きる事を望むなら
今は魂を潜め、再起の時を待て
真の男となるために
 


詩の言の葉で
祝福してくれ
その上に私は
自由の統治を見いだす

父を超えろ
聖水の祝福を
あの夜、暗い空に
響き渡る悪魔の慟哭

スポンサーサイト
別窓 | 戯れ言 | コメント:0
<<お引っ越しーっ!!!! | Task's Days | 我ガ……『 玄 冬 忌 譚 』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Task's Days |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。