スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
『君だけの夜に』
2007-04-02 Mon 08:20


幾ら心構えしてても
無理だった
前奏聴いた瞬間
足はガクガク 叫んで号泣
フリ切れちゃった(苦笑)

でも真っ白になりながらもモッシュした
あんなに息が止まりそう程 溢れかえる思いを込めてモッシュしたのは初めて

死んでしまうんではないかと考える程
溢れかえる思いに

ファミリーの笑顔と
Jの笑顔と
昔の思い出と
ヤツら5人

頭ん中駆け巡って

意識をトばす寸前のギリギリで
モッシュしてたんだ

思いは乗せられたかな?
夢は叶えられたかな?
自分は頑張れたかな?

終わった後そんな事聞いてた(苦笑)

未だ頭ん中は 思考する事を拒否してるみたい
涙腺が壊れてしまったんじゃないかと思う程 不意を付いて 涙が出てくる

でも 苦しくはないんだ
辛くも 悲しくも 刻まれるような痛みもない
怒りも 憎しみも マイナスの感情は全くないんだ

…今そんな感じ(笑)
頭ん中が円で纏まってないから 思考がトんで細切れ状態なのよ
ただ ホントにもう 『クソ…離れらんねぇな(苦笑)』て

ホントもう今自分がピュア過ぎて ホント痛い子よー
ドン引くから 云いたくないけど
好き過ぎて 悔しい(苦笑)
あー!!!も―痛すぎる自分―…(苦笑)
スポンサーサイト
別窓 | 歴史 | コメント:0
<<治りが悪いのは老化現象か…(遠い目) | Task's Days | ショコタンキタ―――(・∀・)―――!!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Task's Days |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。